<p id="m88gp"><ins id="m88gp"><menu id="m88gp"></menu></ins></p>
<output id="m88gp"></output>
  1. <big id="m88gp"></big>
  2. <listing id="m88gp"></listing>
    <span id="m88gp"><th id="m88gp"></th></span>
      1. <optgroup id="m88gp"><font id="m88gp"></font></optgroup>

      2. <tt id="m88gp"><ruby id="m88gp"></ruby></tt>
        (株)グレープシステム ホームページ
        トップ > 製品情報 > IoTソリューション > グレープシステムのIoTソリューション紹介【AI故障診断?最適制御編】

        グレープシステムのIoTソリューション紹介【AI故障診断?最適制御編】

        世の中では、AIを使った故障診断、最適制御が行われるようになってきました。しかし、実現に当たっては、いろいろな情報を収集し、収集した情報や熟練者のノウハウを組合せ、試行錯誤で解析?チューニングを簡単に試せる柔軟なプラットプラットフォームが必要となります。しかも、商用まで持って行くには、対象分野の専門家、IT技術者、AI技術者者の共同作業が必要です。

        また、一からすべてを自分で行おうとしますと、多大な時間、費用、ノウハウが必要となり、1つの会社でスクラッチから商用にまで持って行くのは難しいという問題があります。

        グレープでは、IoTサービス会社Exosite社のクラウドシステムを用い、みんなで協調して、様々な分野のIoT化、AI処理化を行えるプラットフォームを提供します。また、IoTマーケットプレースを提供し、開発したAI処理、各分野向けのサービスなどを、直ぐに使って頂ける形で、他者に有償/無償で使ってもらえる場も提供します。


        【AI活用事例公開中!無料ダウンロード】
        本ページ下部のアンケートをご記入いただきましたら、海外製造現場の最前線でIoT活用実践の事例集ダウンロードが可能です。実際にどのような企業のどの製品で活用されているのか、システム構築例などを交え、エッジAI処理適用事例をご紹介します。

        エッジAI処理適用事例ダウンロード  


        みんなで作る?使うOff-the-Shelf AI IoT(AIoT)ソリューション

        エッジAI処理キット エッジAI処理実施手順 エッジAI処理適用事例  

        みんなで作る?使うOff-the-Shelf AIoTソリューションとは

        「みんなで作る?使うOff-the-Shelf AIoTソリューション」とは、直ぐに使える形で登録されている他者が開発済みのデバイス、処理、サービスを、商品棚から取り出して使うかの如く、自分のサービス開発に利用して開発し、開発したデバイス、処理、サービス、システムを他者が使えるように登録して、みんなで協調してAI /IoT化を実現するソリューションということです。

        グレープでは、Exosite社のクラウドサービスを用いて、「みんなで作る?使うOff-the-Shelf AIoTソリューション」を提供します。これにより、短期間、低コストでAI/IoT開発を実現し、開発したデバイス、処理、サービス、システムを他者に使ってもらうビジネスモデルも可能とします。


        AIoTで目指すもの

        IoTも、AIも導入すれば、無条件で何でもできるというわけではありません。

        適用対象の条件は個々で違うため、似た分野のソリューションを持ってきたからといっても、そのままでは同じ効果が得られるとは限りません。そのため一機に投資しても、十分な結果が得られず、逆に撤退という結果にもなりかねません。

        IoT化、AI化も、まず、適用対象の状況や特性を把握することが必要です。そして、IoT、AIによる自動化、予知等を実現するには、データの蓄積、分析、方式検討、試行、チューニングが必要で、最終的な成果に至るまでは、時間とお金がかかる可能性があります。

        従って、IoT、AI導入に当たっては、段階的な目標設定、ビジネス計画が望まれます。

        グレープ/Exosite社のクラウドサービスでは、前節で述べた形で、それぞれのステップを短期、低コストでの実現可能とすると共に、各ビジネス段階に応じ、必要な機能追加も容易にしています。


        エッジとクラウドのハイブリッドAI処理サポート

        最近、画像や音声認識、故障予知診断などのAI処理機能がクラウドで提供されるようになってきました。しかし、沢山のデバイスやリアルタイム処理をクラウド側で実現することは、現実的ではありません。

        そこで、グレープ/Exosite社のクラウドサービスでは、ExoInsightにてクラウドのAI処理を可能とすると共に、IoTコネクターを用いて、エッジAI処理を搭載したデバイスと連携機能をサポートします。これにより、エッジとクラウドのハイブリッドAI処理を可能とします。


        Exosite ReadyエッジAI処理キット

        前節で説明したとおり、沢山のデバイスやリアルタイム処理は、デバイス側で実現する必要があります。

        エッジ側でのAI処理を実現可能なゲートウェイはすでにいくつかの会社から出されており、グレープ/Exosite社のクラウドサービスでも、それらのゲートウェイデバイスとの接続をサポートしています。

        その中で、STマイクロエレクトロニクス社のゲートウェイボードは、Exosite社のクラウド側の処理とも連携し、エッジAI処理キットとして、エッジ側のAI処理のチューニングを可能としています。本キットを用いることで、様々な応用に合ったAI処理を開発することが可能です。


        エッジAI処理実施手順

        前節で示したSTマイクロエレクトロニクス社の開発キットを用いたAI処理の実施手順を以下に示します。

        グレープでは、お客様のご要望をお聞きし、Exosite社、協力会社と連携して、センサー提案、エッジのカスタマイズ、AI技術者によるデータ分析、AI処理など、お客様と一緒にAIoT化をサポートします。


        エッジAI処理適用事例

        弊社では、紹介した産業以外にも様々な分野のご相談をお待ちしております。

        IoT Business solutions

        本格導入前に初心者でも始めるIoTを手軽に試してみませんか?

        デモンストレーションや個別説明会のご依頼など、お気軽にお問い合わせください。



        【AI活用事例公開中!無料ダウンロード】
        下記のアンケートをご記入いただきましたら、海外製造現場の最前線でIoT活用実践の事例集ダウンロードが可能です。実際にどのような企業のどの製品で活用されているのか、システム構築例などを交え、エッジAI処理適用事例をご紹介します。


        フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

        恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

         

        関連ページ

        IoTプラットフォーム

        機器遠隔制御/監視

        モニタリングサービス

        ページのトップへ戻る
        刘伯温全年料四肖选一肖