<p id="m88gp"><ins id="m88gp"><menu id="m88gp"></menu></ins></p>
<output id="m88gp"></output>
  1. <big id="m88gp"></big>
  2. <listing id="m88gp"></listing>
    <span id="m88gp"><th id="m88gp"></th></span>
      1. <optgroup id="m88gp"><font id="m88gp"></font></optgroup>

      2. <tt id="m88gp"><ruby id="m88gp"></ruby></tt>
        (株)グレープシステム ホームページ
        トップ > イベント情報 > オープンソースソフトウェアセミナー

        エキスパートが語る!
        オープンソースソフトウェアセミナー!

        OSSを安心して利用するためのポイント!お教えします!!

        ITを活用する多くの企業において、オープンソースソフトウェア(OSS)はとても魅力的なものになりました。組み込み製品の開発現場においても、OSSの利用が増加しています。

        ただ、OSSを導入するにあたり、OSSライセンスを正しく理解すること、また導入後の脆弱性の管理をしっかりすることが、コンプライアンス強化が叫ばれて久しい昨今、様々なリスク回避の観点から重要な要素となりつつあります。

        グレープシステムでは、昨年末開催しましたOSSセミナーの好評を受け、場所を大阪に変え、改めてオープンソースソフトウェアセミナーを開催いたします。

        弁護士の大堀健太郎氏よりOSS活用に必要な法的基礎知識を講演いただくのを始め、OSS管理を確立するための手法、OSSコンプライアンスにおける企業間の連携活動、ライセンス管理ツールのご紹介など、OSSを安心してご利用いただくために必要な情報をお伝えするセミナーになっています。

        是非皆様のご参加をお待ちしております。

        ~~~ 次のような方におすすめです ~~~

        • OSSの法律面での基礎知識に興味がある方
        • OSSの正しいライセンス管理を知りたい方
        • OSSのセキュリティ、脆弱性に不安がある方
        オープンソースソフトウェアセミナー
        開催日時 2019年3月1日(金) 13:30~17:00 (13:00開場)
        開催場所 大阪 ハービス PLAZA 6F ハービス貸会議室
        〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番25号 6階
        アクセス 大阪ハービス PLAZA 貸会議室の交通アクセス

        セミナー概要

        セクション1 【ライツ法律特許事務所 弁護士弁理士 大堀健太郎 氏】

        OSS活用のために知っておきたい法的基礎知識

        OSSは、様々な分野で活用され、その活用の場面については、より広がりを見せています。OSSの活用場面で生じる法的な疑問?不安などについては様々ですが、同種のご質問?ご相談をいただくことも多々あります。本セッションでは、よりOSSを活用してゆくために、知っておきたい法的な基礎知識について、過去お受けした相談や、過去の海外係争事例などをふまえてコンパクトにお話します。

        セクション2 【オプティネット株式会社 金承顕 氏】

        社内でOSS管理体制を確立するには?

        OSSをソフトウェア開発で活用するにはツールの利用だけで十分でしょうか。OSS戦略、ポリシーやプロセスの策定には何が必要でしょうか。この講演では、OSS管理を確立するために必要な要素と手法を紹介します。また、実践するためのトレーニングサービスの概要も提供します。

        セクション3 【パナソニック株式会社 加藤慎介 氏】

        OSSコンプライアンスにおける企業間の連携活動 (OpenChain プロジェクト)

        OSSの活用がますます進む中、OSSライセンスコンプライアンスへの対応プロセス等の構築は、企業がOSSを使った製品販売やサービスリリースをするうえで必須のこととなっています。これまで各企業が独自にプロセス?手法を開発するなどしてきましたが、これらに企業の枠を超えて取り組むプロジェクト(OpenChain)があります。今回は、OpenChainプロジェクトの概要と、日本企業での連携活動についてお話しします。

        セクション4 【(株)グレープシステム 鈴木勲 氏】

        OSSを安全に活用するための管理ツールのご案内

        OSSを安全に活用する上で、ライセンスの管理と脆弱性情報に対する対策が非常に重要です。これらOSSリスクを効率的にマネジメントするツール - FOSSIDソースコード管理ツールおよびClarityバイナリーコード管理ツールをデモを交えてご紹介いたします。

        • いままでわかりずらく不明な点が明確になりよかった。デモを交えた説明が分かりやすかった。
          (半導体商社 営業支援)
        • 本音が聞けて良かったです。テーマ、プログラムの内容が良いと思います。よく練られてます。
          (SI?ソフトウェア?システムハウス 営業)
        • 実際のイメージとしてデモがあったのがよかった。このような優良で質の高いセミナーを無料で提供くださるのは非常にありがたいです。今後もある程度定期的に開催頂けるとうれしいです。
          (家電?AV?アミューズメント ソフトウェア開発)
        • 分かりやすくてよかった。デモもよかった。
          (電子?電気機器 製品開発)
        • 脆弱性対応が重要という認識を改めて感じた。
          (電子?電気機器 ソフトウェア開発)
        • 事例の話は良かった。管理体制の必要性を理解できた。
          (デバイス?部品 開発)

        ※ 本セミナーに関連して提供されたお客様の個人情報(参加登録時の入力情報、アンケート記載情報、本イベント会場にて提供を受けた情報等の一切を含みます)は、当社からのニュースレター及びセミナーのご案内の送付、当社製品及びサービスの販売促進活動、ならびに製品及びセミナーを改善する際の情報としてのみ利用いたします。第三者へ開示することは一切ございません。

        なお、本セミナーについては、本ウェブページに掲載された協賛企業と情報共有しますが、その管理は当社にて行い、許可なくその他の第三者に提供することはありません。

        ページのトップへ戻る
        刘伯温全年料四肖选一肖